おすすめの通販コーヒー豆ランキング

実際、本当においしいコーヒーってどれなのさ?通販で人気のコーヒー豆を実際に購入してレビュー。おすすめできるものだけを厳選してランキングに。

パソコン作業やデスクワークに!集中力を上げるコーヒーの飲み方とは

パソコンでの作業やデスクワークに、コーヒーが欠かせないという方は多いのではないでしょうか?

ただ、いくらやる気があっても集中力が途中で途切れてしまうこともありますよね。

そんなときは、休憩がてらにコーヒーを飲みましょう。

実は、コーヒーはパソコン作業やデスクワークととても相性が良い飲み物で、集中力をUPさせる効果があるのです。

ここでは、コーヒーを使った集中力UPの方法や、効果的な飲み方について解説します。

パソコン作業やデスクワークの際にコーヒーを飲むメリット

パソコンは仕事を進めるうえで大変便利なツールですが、画面が発するブルーライトや情報量の多さは、私たちの脳を疲れさせてしまいます。
また、身体の動きが少ないパソコンでの作業は、肩こりの原因にもなりますよね。デスクワークが中心の仕事に就いていて、慢性的な肩こりに悩まされている人は少なくないでしょう。
コーヒーには、こうした脳や身体の緊張状態をほぐすというメリットがあります。

私たちの脳は電気信号を使って活動していますが、その信号が生み出す脳波のうち「アルファ波」と呼ばれるものが存在します。この「アルファ波」は、私たちがリラックスした状態のときに生まれる脳波だと言われています。

過去に行われた研究で、人間はコーヒーのにおいを嗅いだときに「アルファ波」が生まれることがわかりました。つまり、コーヒーの香りでリラックス効果が得られるというわけです。
たしかに、温かいコーヒーから立ち上る香りを嗅ぐと、心がおだやかになりますよね。脳や身体が緊張しがちなパソコン作業は、コーヒーでリラックスしながら進めてみましょう。

コーヒーは集中力に影響を与える

食品が人体に与える影響を科学的に調査している「EFSA」と呼ばれる専門機関があります。そしてコーヒーに含まれるカフェインが集中力の向上に役立つことは、この「EFSA」によって科学的に認められているのです。

カフェインと集中力の関係については、海外の研究チームによって実験が行われたほか、日本でも研究されて医科大学雑誌に論文が掲載されました。カフェインを含んだコーヒーを飲んだ被験者は、集中力がアップし、作業パフォーマンスが向上するとわかったのです。

具体的には、カフェインは私たちの神経細胞を刺激して「ドーパミン」という脳内物質を発生させます。「ドーパミン」は人間のやる気を引き出すカギとなる物質で、減少しすぎれば無気力状態になったり、認知症の症状が現れたりします。

したがって、私たちがコーヒーを飲んでカフェインを摂取すると、脳が「ドーパミン」を生み出し、結果的に集中力がアップするのです。

パソコン作業がはかどるコーヒーの飲み方

コーヒーにはリラックス作用や、集中力を向上させる作用があることがわかりました。では、実際にどうやって飲めば効果が得られるのか、飲み方をご紹介します。

短時間集中したいときはカフェインありのコーヒーを飲む

短時間で仕上げたい作業があるときは、カフェインが含まれたコーヒーをおすすめします。先ほど述べたとおりカフェインには集中力を上げる効果があり、ここぞという場面で作業効率をアップさせるのに役立ちます。

夕方以降はカフェインレスを飲む

カフェインの覚醒作用は、作業中にはありがたいものの、ゆっくり休みたい夜間には不向きですよね。カフェインがもたらす効果は、効果が最大限発揮されたときの半分にまで減少するのに、多くて5時間ほどかかってしまいます。そのため、おやつの時間が終わったら、コーヒーはカフェインレスのものにしましょう。

「カフェインをカットすると、集中力が切れてしまうのでは?」と思ってしまいますが、大丈夫です。実は、コーヒーにはカフェインだけでなく「クロロゲン酸」という成分も含まれており、この物質にも集中力をキープする効果があるのです。

カフェインレスのコーヒーを飲んでも、香りによるリラックス効果や、この「クロロゲン酸」による集中力をキープする効果はそのままというわけですね。

砂糖は入れずに飲む

砂糖を入れた場合、せっかくコーヒーを飲んでも作業効率が低くなる可能性があります。
これは砂糖が血糖値を上げた結果、体内で「インスリン」という物質が作られ、副作用として眠くなってしまうためです。
パソコン作業のためコーヒーを飲むなら、なるべくブラックを用意して、豆そのものの味わいを楽しんでみてくださいね。

コーヒーは一日何杯まで飲んでいいのか

ここまでコーヒーの効能についてご紹介しましたが、コーヒーは飲めば飲むほど良いというものではありません。
コーヒーに含まれるカフェインは、過剰摂取すると中毒症状を引き起こします。また、摂り過ぎたカフェインが体内に蓄積されると、覚醒状態が治まらずに夜眠れなくなってしまう危険性もあるのです。

では、カフェインレスコーヒーなら大丈夫なのかというと、答えはノー。「クロロゲン酸」はポリフェノールの一種なのですが、このポリフェノールは胃酸を出にくくする特性があります。そのため、大量摂取は胃もたれに繋がるのです。
適量を守れば、コーヒーはパソコン作業の強い味方になってくれます。おすすめは1日に2~3杯、多くても5杯程度を目安にして飲みましょう。

おすすめの通販コーヒー豆ランキング

珈琲きゃろっと

焙煎したての新鮮コーヒー豆がお試し価格で試せる!

珈琲きゃろっとは、高品質で新鮮なコーヒー豆だけを取り扱う通販店です。

お試しセットなら2種類(計400g)のコーヒー豆を格安で手に入れることができます。

ドイコーヒー

TVや雑誌で何度も取り上げられているほどの実力店!

プロの焙煎士である土居さんが受注後に焙煎したコーヒー豆を特別価格で買うことができます。

「ここのコーヒー豆じゃなければダメ」というリピーターも非常に多く、通販コーヒー豆の中でも常にトップクラスの人気を誇っています。

ロクメイコーヒー

スペシャルティコーヒーを4種類も試せるセット

高品質なコーヒー豆4種類がお試し価格で購入できます。

扱うコーヒー豆はすべてスペシャルティコーヒーと呼ばれる高品質豆。

 

   

 - コーヒーの活用法 , ,